画像

Top Page > バルブFAQ  > 環境規制等への対応はどのように行っていますか?

前のページへ戻る

【Q11】環境規制等への対応はどのように行っていますか?

RoHS指令:
電子・電気機器における特定有害物質の使用制限についての欧州連合(EU)による指令で
2006年に施行。
規制対象となっているのは,Pb(鉛),Cd(カドミウム),Cr6+(6価クロム),Hg(水銀),
PBB(ポリブロモビフェニル),PBDE(ポリブロモジフェニルエーテル)の 6物質です。
当社のCR(クロロプレンゴム)ダイヤフラムは“鉛レスCR”を採用しています。

REACH規制:
EU連合の化学物質規制で2007年に施行。
製造業者に対し製品に含まれる規制物質SVHC(高懸念物質)の総量管理を求めている規制。
当社製品について規制物質SVHCを含有しない製品作りに取り組んでおります。

グリーン調達:
製品を製造するために必要な原材料や部品、設備などを調達する時、環境負荷の少ないものから
優先的に選んでいくこと。
環境マネジメント規格であるISO14001の認証を取得した企業から優先して調達するケースが
あることから、当社はISO14001の認証を取得し取り組んでおります。

VOC(揮発性有機化合物)規制:
大気中に排出され、または飛散した時に気体である有機化合物をVOCとして定め、
VOCの排出量基準を求める規制。
当社製品の塗装工程の際にVOCが排出されるので、当社では排出量基準内に遵守した
取り組みを行っています。

製品ダウンロード 製品図面ダウンロードはこちら
製品カタログダウンロード 製品カタログダウンロードはこちら