画像

Top Page > バルブFAQ  > 空気操作式ダイヤフラムバルブに使用される付属補器について教えてください。

前のページへ戻る

【Q12】空気操作式ダイヤフラムバルブに使用される付属補器について教えてください。

fuzoku-hoki_01re.png

①操作空気圧を制御するもの」、「②弁動作をフィードバックするもの」の
2種類に大別されます。

①操作空気圧を制御するもの 
 ・電磁弁:
  駆動部の作動(操作空気の出入り)を電気的に制御するもので、
  内蔵された電磁石への通電により直接又は間接的にスプールを移動させて
  導通ポートの切換を行うバルブです。
 ・フィルタ付き減圧弁:
  操作空気に含まれる異物を除去し、使用するシリンダに適した圧力に
  減圧するバルブです。
 ・スピードコントローラ:
  駆動部の作動(操作空気の出入り)速度を調整するもので、
  開方向、閉方向夫々に必要になります。

fuzoku-hoki_02re.png

②弁動作をフィードバックするもの
 ・リミットスイッチ:
  弁棒の物理的な動きを、カムを介して読み取って接点を開閉するスイッチです。
  主として弁全開若しくは弁全閉位置の状態を検出する用途に用います。
 ・開度発信器:
  弁棒の物理的な動きを、レバーを介して連続的に読み取り、
  その回転角に応じた抵抗値や電流値を発信する機器で、
  弁開度を把握することができます。

その他、単体でフィードバック制御を行うポジショナなども機種により取り付け可能です。(他社製汎用品ですので、取り付けにはブラケットをはじめ各種取付部品が必要になります。)

なお、弊社製駆動部専用品として、二個のマイクロスイッチを専用小型ボックスに
内蔵したリミットスイッチ「MDNシリーズ」をご用意しております(右図参照)。
駆動部内部部品の変更をすることなく取り付けが可能で、可動部の露出がない安全設計です。
防爆構造が不要な場合は是非ご検討ください。

製品ダウンロード 製品図面ダウンロードはこちら
製品カタログダウンロード 製品カタログダウンロードはこちら