画像

Top Page > バルブFAQ  > バタフライバルブの構造と特長を教えてください。

前のページへ戻る

【Q1】バタフライバルブの構造と特長を教えてください。

(1) バタフライバルブの構造
①短円筒形の弁箱(本体)の中で、円盤状の弁体(ディスク)が回転することにより
  流体を制御するバルブです。(図1)

図1

センターディスク形(C500形)(図2)と二重偏心形(C200R形、KM200形)(図3)の2機種に
大別されます。

・センターディスク形:
 ステムの中心線とディスクの外周にあるシール面が同一面上にある形状。
 一般には本体の内側にゴム又は樹脂等の弾性体のライナーを入れステムとディスクで
 強制的にシールします。
 当社ではそのシンプルな構造を生かして耐食性に優れたPFAライニングバタフライ弁
 ご用意しています。

・二重偏心形:
 ディスクにおけるステムの中心線が、シートリングの中心線上に無いばかりでなく、配管の
 中心線からも外れている二重偏心タイプ。
 バルブの開閉時、偏心によるカム作用によりディスクが僅かな回転角度でシートリングから離脱
 する為、シール面の摩耗を防ぐことができます。また流体圧力による大きな影響を受けません
 二重偏心形はセンターディスク形より弁座シール性に優れており、ゴム及び樹脂シートの他に
 メタルシートの選択も可能です。

図2
図3
図2:センターディスク形
図3:二重偏心形

(2) バタフライバルブの特長
(ⅰ) 90度回転で全開・全閉が容易にできるため、操作性に優れています。
(ⅱ) 他のバルブと比べ面間が短く、軽量・コンパクトであるため、十分な取付スペースを確保でき、
   小口径から大口径まで製作可能です。
(ⅲ) 流量特性はイコールパーセンテイジに近くレンジアビリティは20~30:1のため、流量を調整する
   仕様に適しています

(ⅳ) PFAライニング製本体粉粒体排出用バルブの製作が可能です。
(ⅴ)駆動部と接続部品を追加することで バルブの自動化が容易にできます。

製品ダウンロード 製品図面ダウンロードはこちら
製品カタログダウンロード 製品カタログダウンロードはこちら